3カ月で61万円負けたパチンコ下手が游タイム狙いに切り替えた結果どうなった?

スポンサーリンク
2020年パチンコ収支

パチンコで負け犬のパチ転です。

 

今回はブログ読者の参考にあればと思い、游タイム狙い前と、游タイム狙い後の収支などについてお話ししたいと思います。

 

以前までの私は、自分の直感を信じて、プラス調整のパチンコ機を追い求めて稼働していました。

 

今日はこの台が出るような気がする…

まあ…その結果はもちろん大敗北でした。

特に昨年の11月、12月、そして今年の1月には酷くて
2020年11月 -190K
2020年12月 -157.5K
2021年1月      -265K

この3か月間だけで612.5Kも負け越しました。

 

もうすべて失った終わった…

 

すでに游タイム機は出回っていた時期ですが

游タイムで勝てるわけない!
そんな面倒なことできない!

てな感じで完全に否定派でした。

ただTwitterを見ると游タイム狙いでの勝ち組が多いんです。

この頃Twitterを見て思っていました…

 

Twitterの勝ち報告は嘘でしょ(笑)

 

でも負けすぎたのでどうすべきが決める必要もあり
そして結論としては…

この頃にここまで負けたので、もうパチンコやめよう!
どうせやめるのなら1カ月だけ游タイム狙いを徹底してみよう!

 

この日からハイエナになりました

ってことで2月から游タイム狙い開始しました。

といっても当初は中途半端な游タイム狙いです。

 

ところがギャンブルの神様が応援してくれたのか、運良くヒキにも手伝ってもらい2月は+128.5Kの大勝利です。

 

えっ?勝てる?俺でも勝てる!

 

まさか100K以上も勝てるなんて思ってもいなかったので、この2月を起点に本格的に游タイム狙いに変更しました。

でも勝てた理由が游タイムのおかげか、それともヒキが良かったのかは不明です。
実際は游タイム狙いも適当でしたし(笑)

 

この2月の大勝利がなければ、いまだに負け組だったと思います

 

最近は適当な游タイム狙いは改めて、期待値がプラスじゃないと打たないように徹底するようにしています。

もちろんたまに適当に打っています(笑) これが悪いんでしょうね…

 

さて!
ここから游タイム狙いを始めたパチ転ですが、游タイム狙いをする前と今の違いを収支データーを基にして分析します。

游タイム狙い前 -606,500円
游タイム狙い後 +413,000円

 

明らかに収支が違います!

 

まだ負けていますが…

それ以外でも自分の打ち方にリズムが出てきました。

あとは「この台を打つ根拠」ってのがしっかりしました。

 

前までは1K21回るなら打つって感じでしたが、実際にはそんなに回る台もなく、回るかどうかのチェックの段階で資金が減っていました。

 

でも今は、いつも通う店のスタート回数はおおよそ把握しています。
メインコーナーは1K19回
その他は17回、回収は13回程度です。

 

これを軸にして、期待値の収支表と照らし合わせ。プラス期待値なら打つ!

そしてここが大切です(いまだに徹底できていませんが)

 

期待値プラスの台がなければ打たない!

 

打たずに待つことができるかどうか?が大切

 

まあ偉そうなこと言っていますが、実際は負けが込むと游タイム狙いをせずにがっつりと平打ちすることも多いので「運が多少なりとも味方した」部分も大きいです。

 

今後の収支がどうなるかは分かりません。
こちらで収支プラスチャレンジ企画を書いているのでぜひ参考にしてください。

游タイム機もなくなるかもしれません。

ただパチンコを打つときの考え方は明確に変わりました。

 

勝ちを狙うときは打つ根拠がなければ打たない!

勝ち負け関係なく遊びたいときは自由に打つ!

 

こんな感じです。

ただ遊びにで打つにしても、回らなければ打ちません。
最近は無駄にお金を使うのがバカらしくなってきました。

 

勝ちを狙うのか?時間つぶしの趣味で打つのか?

どちらでもいいのですが…この部分をしっかり決めておかないと辛いです。
とても大切です!

こちらでも沢山の方が面白いパチンコ情報ブログを書いています!
クリックするとブログ村へ移動できます
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました