パチンコ店のBGMはお店のセンスが出ます

スポンサーリンク
パチンコ店に就職

パチンコ店って機種のしばりや広告宣伝のルールの規制が厳しくて、ある意味どこも同じような似たり寄ったりのお店になりがちです。

その中でも自由度も高くてお店の個性を出せるものの一つにBGMがあります。

パチンコ店で打ちながら音楽とか聴くつもりはない!

切るか切られるかの修羅場に音楽は不要!

なんて意見も聞こえてきますが、それはごもっともです。
音楽なんてパチンコ客にとってはおまけ的な要素です。

 

でも!いくらなんでも酷い!
そんなお店も沢山あります。

 

まずお店のテーマソングのような曲からしてセンスがないお店が多くあります。
あとは営業時間に流す曲も古すぎて…

 

なにそれ?昭和の曲?

 

なんて不快感を感じることもあります。

まあ客層も色々あるので、個々に合わせた曲は難しいと思うけど…でもセンスないでしょ?
って思うお店は多くあります。

そんなお店ってスタッフの平均年齢が高かったり、あとは事務所のおっさんが曲を決めたりしてるんでしょうね。

 

私が働いていた頃は、開店時の曲などは指定した曲でしたが、それ以外の通常時のお店の曲はすべてカウンターの女性スタッフに任せていました。

 

もっと前の時代になると、一日中軍艦マーチが響いていました。

朝から晩まで軍艦マーチオンリー!

閉店間際に静かな曲になり、蛍の光で閉店と言う流れです。

 

さて…何が言いたいのかというと

以前はおまけ程度だったBGMだけど、今はわりと大事ですよ!
集客したい客層に合わせたセンスの良い曲選びは大切ですよ。

だってパチンコ店が許可も不要で自由に選べる、数少ない営業的な部分です。

こちらの記事も併せてご覧ください。
出会いはある?パチンコ店で働くとスタッフ同士で仲良くなれるのか?

もっとがんばって暴露しろ!と思われる方はぜひクリックお願いします
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました