元店長がパチンコ店の遠隔操作の実態について暴露!

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

パチンコの話をするときに必ず話題になことが遠隔操作のことです。

絶対に遠隔あるだろ?
顔認証とかあるだろ?
都合が悪いから隠してるんだろ?

そんな疑問ありますよね?
私もパチンコ打っていて、金保留が外れて、連続で確変外れて通常引いたり、甘デジで800回ハマりを経験すると・・・100回や1000回は思います。

絶対に遠隔しているだろ!!!

今回は実際にパチンコ店の営業をした私が、皆さんが思っているパチンコ店の暗部に対しての疑問に答えます。ネット上でよくあるパチンコ店の遠隔話をまとめました。

【パチンコ店の遠隔の暴露話】
パチンコ店は遠隔操作があるのか?
遠隔がバレたから1カ月営業停止してた
ホルコンがあるから操作ができる
警察と癒着しているからパチンコ店は捕まらないない
スポンサーリンク

パチンコ店は実際に遠隔はあるのかないのか?

結論から言いいますが遠隔というシステムはあります!
でもあなたが行っているホールは間違いなく遠隔はしていないでしょう。

え?どういう意味?
そう思った方に遠隔はあるけど遠隔はしないということについて詳しくご説明します。
(ただし実際に裏基盤を使ったお店はあるので、またそれは次回お話しします)

遠隔がバレて一ヵ月の営業停止

これはありえません!
遠隔などの不正が発覚すれば二度と営業ができないように営業取り消しになります。

取り消しじゃなく営業停止だと比較的軽微な違反などです。
例えばポスターでイベントを煽ったなどですね。

警察と癒着してる

昭和のかなり昔は入れ替え検査の警察にタバコを渡していたなんて話は聞きましたが、私が店長をしていた頃はそんなことはまったくありません。
出したお茶も飲みませんし断られます。

癒着どころか厳しい監視対象です。

遠隔システムはあってもほぼ導入はしない

まず遠隔システムのことですが、これは昔からあります。
少なくとも私が店長やマネージャーをしていた頃には、怪しい人物による遠隔システムの営業も稀にありました。

だからといって「ほら!やっぱり遠隔あるだろ!遠隔してるじゃねえか!」

こう考えるのは気が早いと言えます。
例えば脱税のシステムはあるからといって、どの企業もそれを導入しますか?

物があるのと、物を使用することは、まったく意味が違います。

例えば飲食店の脱税のシステムがあるけどその導入コストが1億円だとします。
もちろんバレるかどうかのリスクもあります。
極端な話ですが、だからといってすべての飲食店が使うのでしょうか?
一部の飲食店でも割に合わないのでほぼ使わないでしょう。

このように遠隔システムがあるから遠隔をするという話は、まったくの意味のない別問題となります。

パチンコの遠隔システムは導入する意味がない

遠隔システムも先ほど例に挙げた脱税のシステムと同じです。
遠隔のシステムはあるけど、普通のお店は導入しませんし、そんな遠隔システムの営業マンと知り合うこともほぼありません。

それにパチンコ店は遠隔システムなんて導入するメリットがないのです。
下記の理由によってです。

【遠隔を使うメリットがほとんどない理由】
遠隔システムを逆に利用されてのゴト行為などが怖い
使用して捕まった時のリスクが大きすぎる
導入コストが非常に高い

簡単に言えば、導入費用も高いし、そもそも効果も信用できないし、導入してなにするの?
見つかれば営業取り消しだよ!
そんなリスクが高い怪しいシステムを、クソ高いお金を出して怪しい業者から導入するお店はほとんどいないでしょう。

でも実際に導入するお店は本当にあると思うので、遠隔導入店は0ではないかもしれません。
少なくとも私が知っている限り導入しているお店に話は聞いたことはありません。
(ニュースの事件で知る程度です)

ただパチンコ店が1万店舗あって、仮に実際に導入するのが仮に10店舗程度だとしても、導入率0.1%程度ですね。

パチンコが遠隔をすると釘は締めない

そもそもパチンコ店で出玉操作なんてしていませんし、もちろんできません。
よく話の出るホルコン(ホールコンピューター)も、店内のすべてのパチンコ機から出る出力データーを分析するコンピューターです。

【ホールコンピューターの役割】
1.稼働中かそうでないかを教えてくれる
2.大当り中の出玉などをデーターとしてデーター出力
3.稼働中のスタート回数や玉の払い戻しをデーター出力
4.各台の売り上げや店舗の売上、割数(損益)などデーター出力
5.エラー情報などを出力

これ以外にも出力されたデーターを分析する機能があるけど、ホルコンとは実際にはこの程度のもんです。
ホルコンがあるから遠隔だろ!ではなく、ホルコンがあるから売り上げや営業管理ができます。

私もパチンコ店に勤めていた頃は、毎日のように客から出玉操作しているだろ!とか、遠隔しているだろ!とか文句を言われました。

きっとパチンコ店の店長経験者は皆さんご経験があると思います。

ただ・・・もし遠隔をしているのなら、いちいち釘調整なんてすることはありません。
スロットの設定もなんの意味も持ちません。

遠隔をする店は客に還元するためにする

もし遠隔をするとすれば、出さないための遠隔ではなく、お客さんに還元・・・出すための遠隔操作をするでしょう。
例えば数日間ハマっている常連客への還元などです。
そういったピンポイントで使うのならなんとなく理解できますが、それだけのために営業取り消しのリスクを負ってまでするのでしょうか???

遠隔するなら客が打たないような調整もする必要はなく、釘だって設定だって遊べるようにするでしょう。
まあ仮に「遠隔操作で大当たりが出ないボタン」を押すとすれば、迷惑客やゴト師対策だと思います。

お客さん一人一人の勝ち負けなんてどうでもいい

店長はそもそも1日に何百人も来ている客のお財布事情なんてほとんど気にしていません。
誰がいくら負けたのか?いくら勝ったのか?
ご挨拶として話題にする事はあっても、正直な話ですが同情はしますがどうしようもないこととして割り切っています。

気にしているのは全体の割数だけです。

誰がどれだけ勝つとか、こいつが3万円負けたとかなんて・・・一日に数百人数千人のお客さんが来るお店からしてみるとどうでもいい話です。

遠隔はあるのか?の衝撃的な結論

結論としては遠隔システムはありますが、それを導入している変わったお店はほぼないでしょう。

出したければ設定6を入れたら済むし釘を開ければいいだけです。

それ理解した上でも出玉の挙動不審な台はありますよね?
そんな時は遠隔ではなく裏基盤ゴト使用された台として考えるほうが現実的です。

実際に裏基盤はありますし導入していた店も知っています。
裏基盤を使いハマりも深いけど連チャンもギャンブル性を高めたりします。

ゴト使用に改造された場合は、一般客は打っても出なくて、ゴト師だけが出すようになります。

これについては今も問題となっているので、またブログでアップしたいと思います。

結論!
挙動不審な台は遠隔よりゴトや裏基盤を疑え!

タイトルとURLをコピーしました