パチンコ店のガセイベントはやってる感を上司にアピールするだけのときもある

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

パチンコ店のイベントなどの煽りが激しいですね。
イベントの告知は昔はチラシなど一部の媒体だけだったんですが、最近ではSNSを使ってどんどんアピールしてきます。

妙な法律と取り締まりのせいで、射幸心を煽るイベントは禁止!ってなったので
パチンコ店もあの手この手と射幸心を他の手段に変えてアピールしてきます。

装飾変更!とか
配置変更!とか

そうなると言い訳できるんですね。

え?射幸心煽ってないですよ?
配置変更しただけですよ?

…子供のウソかよ!
って突っ込みたくなるけど、そこは大人の事情なんで理解します。
それにしても出玉が弱くてガセイベントになっていませんか?

やる気のないガセなら最初から煽るなよ!って思いますが、実はこれ集客だけじゃなくて店長の「やってる感アピールの意味」も含まれているんです。

店長たちは定期的に会議で自店の報告をします。
もちろん売り上げが好調ならいいのですが、売り上げが良いお店なんてほとんどありません!

そんなときに何もしていないら上司から大目玉です!
努力してないなら売り上げも上がらなくて当然だ!的なバカ上司の叱責があります。

本当は店長も努力してるのですが、お客さんが少ないのに粗利益目標だけは高いとどうしようもありません!

そんなときに
私の店舗では定期的にSNSでイベントの集客をしました。
でも効果がなく残念な結果になりました。

このイベントの集客をしたって事実があればやってる感はアピールできるわけです。

名付けて
社内向けやってる感イベント

クソ弱いイベントのときはこの言い訳のための煽りが多いですね。
昔と違い出玉に直結するイベントは本当に少なくなりました。

平常時の営業よりイベント日のほうがキツイ調整するバカな店舗も増えています!
完全回収イベントですね。

皆さんも気を付けてご遊戯してください。
こちらの記事も併せてご覧ください。
パチンコ店は釘調整やイベントを指摘されるとかなり弱気になる

タイトルとURLをコピーしました