台間玉貸し機サンドからお金がどんどん出てくる逆貯金箱

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

昔のパチンコ店のお話になります。
今も田舎のお店ならあるかもしれません。

昔のパチンコ店も台間玉貸し機があったのですが、今のように札は入らず100円や500円のみの硬貨専用でした。
古いタイプの玉貸し機ですね。

お客さんは利用するときには、一度カウンター近くの両替機に行き、そこでお札を大量の硬貨に交換してパチンコを打っていました。

なのでパチンコ客は100円玉や500円玉を積んだ状態でパチンコを打っていたわけです。

いま考えると不思議な光景ですね。
そんな昔の玉貸し機なんですが、これを利用してざくざくと小遣いを稼いでいた店員さんもいました。

スポンサーリンク

昔はサンドとパチンコ機の間にお金を入れることが多くあった

硬貨を使うタイプの昔のサンドはよく硬貨詰まりが起きていました。
そんなこともあり硬貨詰まりの修理で忙しいスタッフさんも多くいたのですが・・・

実はこのサンドですが、お客さんがよく投入口を間違えてサンドと台枠の間にお金を入れちゃうことがよくありました!

お客さんは遊技で一生懸命になり、よく見もせずにサンドの硬貨投入口と勘違いして、サンドと台枠の隙間に硬貨を入れるわけです。

それに昔のパチンコ店は無制限ではなく、一回交換のお店が多くありました。
そんな事情もあり、大当りでの出玉があっても一度交換し、また最初から硬貨を使い遊戯します。

もちろんそうなると稼働の多い店では、サンドとパチンコ機の間の隙間には大量の100円玉が詰まっていることがよーくありました!

パチンコ屋の閉店作業で儲けるAさん

そんな事情を知って稼ぐ店員さんもいました。(完全に犯罪ですが)

昔は閉店後に一つのコースを、スタッフ一人が担当して掃除するなんてことが当たり前にありました。
清掃スタッフなんていないお店も多くあったんです。

パチンコ店の店員さんはパチンコ台の鍵を持っていますが、そのカギに細長い鉄の針金のような棒状のものをつけています。
これがあると手が入らない細い隙間の詰まりなどへも簡単に届いて修理することができます。

ところがAさんは閉店後の清掃時に、その細長い棒を使ってパチンコ台とサンドの間に挟まっている硬貨を上手に取り出してポケットに入れています。
一日で3千円程度は稼いでいたようです。

普通はサンド売上と島金庫売上の差でバレる

普通ならこんな悪事はいつまでも続きません。
というのもサンドに投入されたお金は事務所にデーターとして上がります。
それがあるから機種ごとの、機械ごとの売上が分かるんです。

そしてサンドから投入されたお金は島の中のベルトで回収され島の端にある金庫に集まります。
そしてその島の金庫にもいくらお金が集まったのかわかるデーターが上がります。

その島のサンドの総売上と島金庫の売上が一致しなければ大問題です!
島のどこかにお金が残っているのか?
それとも誰かが盗んだのか?

お店としては最後までしっかりと探します。

硬貨の入れ間違えを放置するお客さんがいる

ところがコイン投入口を通過せずに、最初からサンドとパチンコ機の間に入ったお金はカウントされません。
カウントされないのでお客さんが「あっ!入れ間違えた!」と店に言わなければ、そのお金は誰にも分らない「落とし物のようなお金」になるわけです。

もちろんだからといってそれを自分の物にすれば窃盗です。

入れ間違えたお客さんですが、パチンコを打ちながら100円玉を連続して投入するので、1枚2枚だと入れ間違えたことに気がつかないお客さんもいます。
中には100円くらいどうでもいい!と太っ腹な勝ち組のお客さんもいます。

そんな諸事情も重なり、閉店後のサンドとパチンコ機の隙間には硬貨が残っているんです。

そんな場合は「お店に連絡」するべきなのですが、それを自分の物にする窃盗をする店員さんもいたわけです。

財布の置きっぱなしなどは絶対にダメ

パチンコ店はお金が良く動く場所です。
普通の生活をしていて、あれだけ頻繁に短時間で財布からお金を出すことってありません!

一番慎重いならないとダメな場面なのに、パチンコやスロットに熱くなって雑に取り扱う事も多々あります。

中には財布を置きっぱなしで台を離れるお客さんもいます。
あれってどうなんですかね?

人の物を盗むのは犯罪ですが、やはり自分のお金は自分で守るようにしないとダメな気がします。

こちらの記事も併せてご覧ください。
【4つの不正】パチンコ店長が裏基盤や打ち子などの不正をする理由

 

タイトルとURLをコピーしました