パチンコ店は年末年始の営業で回収して回収して回収しまくる

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

パチンコユーザーにとっては聞きたくないかもしれません。
現役の店舗管理者も聞きたくないかもしれません。

でも正直に話しますが正月営業は回収しまくります。

おまけに!
割り切って堂々と回収できるので半端なく回収します。

さらにいくら回収できたのかを自慢するほどの特別な日ですし、この日に回収できない人は役立たず扱いされます(笑)

ではどの程度回収調整をするのか徹底的に解説します。
これを読んでも年末年始にパチンコに行く人はヤバいですよ!
といっても私も行くんで他人のことは言えません。

とりあえず負けると嫌な気分になるのなら
年末年始にパチンコに行くな!と言いたい。

スポンサーリンク

正月の釘調整は青玉調整

釘調整をしたことがある人ならお分かりですが、青玉赤玉と呼ばれる調整があります。
これは棒の両先の片側に赤い印のついた玉と、反対側の先に青い印のついた玉がある調整棒なのですが、赤玉が11.05㎜や11.08㎜などで、反対側の青玉がそれより小さい11.04㎜や11.03㎜などになります。

その一番狭い調整が青玉調整と呼ばれていました。

大体の場合は一発台や羽モノで使うのですが、正月営業のときはデジパチのへそ調整で使ったりします。
ヤバいと思うほど締めまくりました。

パチンコ玉の大きさは直径11㎜なのですが、板ゲージで一番狭い調整が大体11.25㎜なので、青玉の11.03㎜がどれほど調整なのか分かると思います。

ちなみに平常営業は板ゲージで12.25程度ですね。(バラ釘などの調整にもよりけり)

スロットは当然設定1さらに打ち直して1

スロットは当然設定1です。
全台1です。
ジャグラーは遊ばせるから2でもあるかな?なんて甘い営業は年末年始にはしません。

ちなみに設定1でも台の波があるので、年末年始の期間に吹き上がる時もあります。
その対策として設定1の台をさらに設定1で打ち直す場合がありました。

おそらくお客さんの想像以上に徹底してます!

出ないと文句言われても平気なのが年末年始

年末年始の営業期間はお店も完全に割り切っています。

年末年始にパチンコに来る方が悪い!

なんて割り切っているので、常連さんがいくら負けていようが仕方がないと思っています。
それほどシビアな理由は会社や業界の方針にもあります。

年末年始に利益取れなければ役立たず扱い

普段はたまたま利益が取れなかったときに許してもらえても、年末年始に利益が取れなければ会社的にも大目玉です。
ゴールデンウィークや盆休みも回収時期ですが、年末年始の特別な回収です。

この時のために入れ替えやリニューアルをして設備台もかかりお客さんに出玉還元しているわけです。
なのに粗利が取れなければ・・・

じゃあおまえ、いつ粗利取るんだよ?
正月が終わって平日に大事な常連さんから抜きまくるのか?

なんて会社の上司から大目玉です!

勝ちたければ年末年始は行くな

もうお分かりだと思いますが、勝ちたければ年末年始はパチンコに行くべきではありません。
お店も執念で搾り取りに来ています。

ただ本当に暇つぶしの目的なら全然アリです!

よし年始から派手に負けようか!
そう思えるなら大丈夫ですが・・・大きく負けてもそんな気持ちでいられるのでしょうか?

こちらの記事も併せてご覧ください。
スロットの設定の入れ方を公開!スロットの角台はほぼ低設定である

タイトルとURLをコピーしました