P真・牙狼のボーダーは?「真ガロパト」の突然時短にも期待したい

スポンサーリンク
パチンコ日記

10月に真・牙狼が出るんだけどわりと期待しています。
牙狼の魅力はやはり塊で出る出玉感です。

ところがここ最近はパチンコの規制もあり、右打ち確変中のダラダラ感は酷いもんでした。
牙狼冴島鋼牙なんてあの「99.9秒バトル」なんて眺めるだけの時間は無駄でしたし、大当り後次の確変が始まるまでの演出とかやめてほしかったです。

本当に無駄な待ち時間!
液晶画面を眺めるだけの時間

最近では「P10カウントチャージ絶狼」は割とさくさく消化して好きだったんですが、ゼロサーチとかっていう面白くもなんともない演出はダメですね。
ガロシリーズって妙につまらない演出をぶっ込んできますよね?

あとは握りにくいハンドルはどうにかして欲しい。
ハンドル固定は違法だろうと思うけど、みなさん普通に固定してるので固定しやすい作りにしてほしいもんです。

さて!そんなガロですが新基準機になって面白いスペックを搭載した新機種が出ます。
今回は「P真・牙狼」のスペックや、今予想されているボーダーについてまとめます!
ガロファンの方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

P真・牙狼のスペック

P真・牙狼主なスペックは以下の通りとなります。

大当たり確率 1/319.68(高確率1/73.63)
ST突入率 50%
ST回数 130回

ST130回の間に74/1で当てるんだからわりと連チャンしそうですね。
轟音がST120回で確率74.7/1なので、轟音より連チャンしそうです。

継続率と出玉について
ST継続率 84%
大当たり出玉 300~1,500個
※右打ち大当たりの70%が1,500個大当たり

70%が1500発は大きいですね。
ただ30%が300発なのでこれは…まあ仕方がないかな?

新機能の遊タイムと突然時短
低確率900回消化で発動(1,200回時短)
突然時短「真ガロパト」時の約1/17で当選(900回時短)

この突然時短が今回のポイントですが右打ち終了後に残保留4回でトータル期待度は約1/17の突然時短突入となっています。
確変終了して900回の突然時短に突入したら嬉しすぎますね!

もちろん仮面ライダー轟音も似たような機能で、大当り後に120回の時短がありましたがそれ以上の900回です(確率は低いですが)

P真・牙狼のボーダー

気になるボーダーは以下のようになります。

P真・牙狼のボーダー
無制限4円→20.2
無制限3.57円→21.4
無制限3.33円→22.1
無制限3.03円→23.1
無制限2.5円→25.2

といってもこの手の台は荒れるので、稼働が多くなければボーダーは関係なく…
ヒキしだい!ってことになりそうです。

ライトユーザーは導入後に試し打ち程度ならボーダー関係なく楽しむのもありかと思います。

でも今回の牙狼はかなり甘いような気がするんですよね?
導入後すぐに釘も渋くなりそうな気がします。

こちらの記事も併せてご覧ください!
業界の裏!パチンコ店の釘調整の仕方を暴露します

タイトルとURLをコピーしました