パチ転の2020年10月のパチンコ収支報告

スポンサーリンク
パチンコ日記

さて10月の稼働結果ですが、10月は本当に収支が荒れました。
ボーダー理論で打ってみようと心がけたのが8月で、あれから3カ月が経過するのでそろそろボーダー打ちの結果が出る頃だと思いますが、游タイム機メインの稼働になったせいなのかむちゃくちゃ荒れました。

游タイムは収支荒れるでしょ?
荒れません?

自分の場合は収支が荒れまくりで、自分がしていることが正しいのか誤っているのか途中でわからなくなりました。
結果としては月間+77Kなので良しとしたいところですが、10万円以上勝っていた時期もあったので微妙です。

スポンサーリンク

10月稼働の反省点

先月の9月ですが、強引に+3000円というぎりぎりで勝った状態なので、今月負けるとさすがにボーダー理論でも自分は勝てないと思わざるを得ません。

先月の収支はこちらです。
パチ転の2020年9月のパチンコ収支報告

今月の反省点は、游タイム機の期待値を考えずにがむしゃらに天井狙いで打っていた時期があったということです。
あとは行くべき日じゃないのに打ちに行くことも多くありました。

結果的には勝てたのですが、無駄な打ち方をした日が多かったですね。
そこが反省点です。

ただ先月のようにムキになってボーダーマイナスの台を打つことはなくなったようです。

10月は7万7千円の勝ち

さて10月の結果発表です。
もう前置きで発表していますが…

10月の結果は!+77,000円(稼働26日)

出だしは良かったんですが、途中で魔の4連敗などで大きく負けたりしました。
10万円勝っても、その次から4連敗で合計17万円の負けなど気分的には最悪でした。
ボーダー以上回っている台で回しているのに大きく負けるのは辛かったですね。

ボーダーでも無理じゃない?とか
いつ収束するの?とか
今月は特に不安になりましたね。

収支をつけ始めての累計は+6,000円(5月~10月)です。

確変(ラッシュ)突入率が収束しつつある

ここ最近は確変(ラッシュ)突入率を記録に残しているんです。
おおよそ突入率50%~65%の台だけ限定で記録しています。

初当たり99回の記録の結果は、ラッシュ突入は51.5%となりました。
先月までが47.2%なので確率収束してきてないか?って気分です。
できれば55%くらいまで上がって欲しいので、まだまだ収束に向かって頑張って欲しいですね。

11月の立ち回り

11月の立ち回りとしては引き続き游タイムの天井狙いを中心にしていきたいと思います。
といっても10月のようになんでもかんでも天井狙いではなく、回転数と天井までを比較し期待値をしっかり計算したいですね。

私がよく行くお店は、1K17回が多いので天井狙いもこれで計算するようになります。
あとは右打ちなど技術介入も特訓したいです。

オーバー入賞させたいです!

Twitterなどを見ていると「スロット吉宗の天井狙い」も有効みたいなので併用したいところですね。

とりあえずボーダー狙いに徹してからの3カ月の収支は+243,500円です。
まずまずかな?
でもこれが続くのか?それとも一時的な強運なのかは不明です。

こちらの記事も併せてご覧ください。
業界の裏!パチンコ店の釘調整の仕方を暴露します

タイトルとURLをコピーしました