パチンコ店のお店の2階にある社員寮はどんな感じ?

スポンサーリンク
パチンコ店に就職

久しぶりにパチンコ店の就職や転職に関するお話をします。
今は少なくなりましたが、少し前まではパチンコ店の2階に社員寮があるパチンコ店は多くありました。

昔のパチンコ店は、その日暮らしの方が多く働いていました。
前科がある方も多かったし、借金などで夜逃げしてきた人も多くいました。

住んで食べることに困った人が集まる…それがパチンコ店の従業員でした。
最後の頼みの綱がパチンコ店で働くこと!
住む場所や、仕事に困った人が働く…そんなイメージです。

昔に比べると今ではかなりイメージも変わりましたが、今回はパチンコ店のお店の2階にある社員寮についてお話しします。

部屋はとにかくうるさい

1階部分がお店、その上に玉場があり、さらにその上に従業員が住む寮がある感じです。
お店の上にある玉場は、パチンコ店で稼働しているパチンコ玉が研磨されながら一度上(玉場まで)に上がり、各島に再度補給する場所です。
玉の流れるレールが沢山あります。

そしてパチンコ店の寮はその上にあるので、玉場の上にあるというイメージでいいです。
なので部屋の真下が玉場です。

むちゃくちゃうるさいです!

そして昔はマイクパフォーマンスも多かったので、お店でマイクの呼び込みもがんがんします。

本当にうるさいです!

でも最近では防音対策もしっかりしたお店もあるので実際はどうでしょうか?
かなり静かになったのかな?

パチンコ社員寮の部屋の作り

部屋の作りは色々あります。
独身者専用の部屋はワンルームです。
ほとんどが6畳一間ですね。
部屋にテレビやベッドなど簡単な設備は整っています。
最近はお風呂も部屋についています。

十分に立派です!

ただ昔は風呂は部屋になく、風呂やトイレは共同の場所が多かったです。
風呂なんて順番待ちがあったほどです。(最後の順番になると深夜です)

パチンコ店で働く困った人達「警察が来たら夫婦で逃走」

二人が住める夫婦部屋も中にはあります。
ただ今は夫婦で寮を使う方は少ないようです。

助かるのが食事つき寮

これも寮によってまちまちですが、昔は食事を作る専門の従業員のような方がいました。
まかないさんって呼ばれています。
なので朝昼晩と食事つきです!

これは嬉しい!おまけに美味しい!

朝と夜は作り置きを食べる感じです。
お昼はまかないさんがいるので作り立てです。

ご飯を食べながらちょっとした世間話が楽しかったなー

社員寮の寮費は?

気になるのが寮費です。
昔は住み込みが当たり前だったので、食費が給料から少し引かれる程度でした。

昔のパチンコ店なら5000円程度、今なら1万5千円~2万程度と言われています。
食費も1食500円とか、1日500円とか色々です。

ただ普通に暮らすより安いです!

休みの日は他のスタッフとパチンコに行く

お店や自分のシフトが休みの日は、スタッフ同士でパチンコに行くことも多くありました。

こんなところが寮生活の楽しみというか面白さですね。
もちろんプライベートな時間や空間は限定されますが、それでも仲間がいるのは楽しい!

寮に住むと貯金しやすい

パチンコ店の寮に住むと、使うお金がないのでお金が貯まります。
仕事以外で部屋にいる時は寝るか?ゲームするか?テレビを観るか?の程度です。

お金がなくても暮らせるのでお金は貯まります。

もちろんパチンコをするような従業員は、社員寮で生活しても貯金できません。

パチンコ店の社員寮のまとめ

男性で独身(彼女なし)だとパチンコ店の社員寮は暮らしやすいと思います。
食事もあるしお金もかからない!
職場までの距離は0距離!

でも彼女ができたら部屋に呼ぶこともできないので、いつまでも寮で生活するわけにはいきません。
(大体の寮は部外者の入寮を禁止しています)
それに共有部分があるので、社員寮生活の場合は、女性の場合はすっぴんで歩き回れないので少し辛いかも?

パチンコ店の社員寮は、自分の住居が決まったり、生活が安定するまでの一時的な利用と考えるとかなり便利です。
でも仕事とプライベートをしっかり割り切って、アフターを楽しみたいのなら向いていません。

今後パチンコ店で働く方はぜひ参考の一つにしてください。
パチンコ店に就職して後悔することを3つに絞って説明します

 

もっとがんばって暴露しろ!と思われる方はぜひクリックお願いします
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました