新台のゴルゴ13疾風がパチンコ店にもお客にも良台な理由

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

SANKYOはこういった新台を出すのが上手いよね?
そう思わされたのがパチンコの新台ゴルゴ13です。
もちろん大嫌いな游タイム付きですが、この台に限っては少し違います。

まずはPフィーバーゴルゴ13 疾風ver.の内容を説明します。

スポンサーリンク

ゴルゴ13疾風の概要

簡単に言えば
大当り後、おおよそ半分の確率で(正確には65%)時短獲得か非獲得かに分かれます。
もちろん時短引けなければ450個程度のしょぼい出玉で終了です。

でも時短を獲得すれば
1500発か3000発か振り分けられます。

ゴルゴ13の遊戯方法

ではゴルゴ13の打ち方というか、勝ち方の王道をご説明します。

1.まず最初の大当たりで、65%のBIG SNIPE3000チャレンジを獲得すること。
2.次に60%の3000発を獲得すること。
3.そしてその60%のできるだけ連チャンさせること。
これで大勝できます。

ちなみに3000発に当選した場合は、また60%の確率で1500発か3000発です。
普通に3連続で3000発を引くことも可能なので、一撃で1万発狙えます。
それも出玉スピードは早い!
大当り終了してもしばらくは玉が出ます。

ゴルゴ13の評価ポイント

このゴルゴ13ですが游タイムがもちろん搭載されています。
さてここでこの台の最大の特徴と言えますが…游タイムに入っても、単発終了があるということです。

一般的に游タイムに入ると、右打ちなのでほぼ確実にラッシュは獲得できますよね?
でもゴルゴの場合は、右打ちでも60%の確率で連チャンです。

そういうこともあり、游タイム搭載機の中では比較的辛い機種です。
辛いので比較的に釘調整も甘めになります。
わりと回せて楽しめるといいうことです。
ゴルゴのブリーフ姿をたくさん見れます。

一回の出玉力はサラリーマン向け

そして、一回の出玉が3000発です。
これはサラリーマンにとっては嬉しい出玉力です。

例えば源さんでもラッシュに入れたとしても単発で終わることがあります。
ゴルゴの場合はBIG SNIPE3000チャレンジを獲得すれば3000発は確定です。

この台を多数入れたホールさんは先見の目があるというか、客目線だなって感じます。
ただし!釘調整を甘めにして回せるかどうかが大事です。

演出がシュール

これは好き嫌いは分かれるかもしれませんが、演出が意味不明でわけがわかりません。

逆にこれが面白い!

完全に受け狙いだとしか思えない演出が盛りだくさんです。
ゴルゴ13知らない人が見たら、ゴルゴって露出狂の変なおじさんに見えるでしょう。

ブリーフおじさんとしか思えませんね

あと当たれば単発確定のなんかモブキャラが出てきてゴルゴを探す演出あるんだけど、あれはある意味ハラハラしますね。
天井直前でこいつ出てくると「探すな!消えてくれ!」って思います。
あのモブキャラの名前ってあるんですかね?

まあなんだかんだでゴルゴは面白いですね。
こういった台もどんどん増えていくことを願います。

こちらの記事も併せてご覧ください!
游タイムの弊害!パチンコの天井と言われる游タイムシステムは大失敗

タイトルとURLをコピーしました