最近のパチンコ店がこっそりとマイナス釘調整をする部分はここだ

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

游タイム機が増えてシビアな釘調整をするパチンコ店が増えてきています。
游タイム機だけのせいじゃなく、スロットの稼働の低下もありパチンコから利益を取るしか方法がないのも原因です。

パチンコ店はどのように利益を上げるか?
極端に言えば店長も会社の上層部もそれしか考えていません。

まあビジネスなんで当然ですし、利益を上げることが悪いことではありません。

パチンコ店の粗利確保は想像以上に厳しい

売上を上げる、稼働を上げる、お客さんに喜ばれるサービスをする…それもありますが、その先にある目的は利益確保です!
その辺はむちゃくちゃシビアですよ!

さて本題に戻りますが、パチンコ機で利益を上げるにはスタート回数を落とすしか方法はありません。(出玉を減らすなどもあります)

お客さんが1万円使って大当りをするところを、スタートを落として2万円使って大当りさせるようにすれば儲かるわけです。
遠隔でもあればスタート調整なんか不要ですが遠隔はないので仕方がありません。

最近見かける悪徳釘調整

じゃあどこを調整するのか?
パチンコはスロットと違い釘を見ればおおよそ回るか回らないかがわかります。
だからこそお客さんにわからないように、言い換えれば釘を見れば出そうな感じに見えるけど実際は回らない台を作るのが店長のお仕事です。

最近よく見かける悪徳調整が、風車上の谷釘と風車までのヨセ(谷)釘です。
あとはステージに飛び込むワープ入り口の釘です。

特に某大手のパチンコ店さんがよくしています。

風車までの道は要チェック

実は風車って大事なポイントなんです。
風車が大事というより、風車を基準にしてパチンコ玉がどのように流れるのかが大切なポイントです。

風車からへそに向かってどの程度流れるのか?この辺をチェックしてみてください。
悪徳回収釘の場合は風車上まで来たパチンコ玉のほとんどが左に流れます。
へそまで行かないのでへそが開いているように見えても入りません。

どのように調整しているのか?

まず風車までの釘ですが、よく見ると玉が全て左に流れるように開けていませんか?
パチンコ盤面の左側に釘がバラ釘や道のように並んでる釘があるじゃないですか?

大体左側を跳ね上げたりして左側に流れるように大きく開けています。
まずそこで風車上まで行かない調整をしています。

次は風車上の釘です。
風車上に谷釘があるんですが谷釘の左側の釘、そこの一番下の釘が頭一つほど上に上がっていませんか?
そうなると玉が風車の左に流れやすくなります。

中には風車自体を曲げているお店もあるのでチェックが大事です。

悪徳ワープ釘は画像で保存

さらに悪徳なのがワープ入り口の釘です。
ここは正面から見てもわかりにくいんです。

なのでパチンコ台の左側から覗き込むように見ると逆ハの字になるほど悪徳調整をしている某大型店もあります。
これ「微調整」って言い訳できないでしょ?って思うほどのレベルでの調整をしているお店もあります。
ワープ釘が良ければスタート回数も大きく変わる台が多いので、ワープ釘は要チェックです!

へそは開いていてもスランプが激しい
なんだかへそに玉が流れてこない

そんな時は風車上までのパチンコ玉の流れをよく観察してみると色々見えてくると思います。

ハッキリ言うけどへそまで玉が来ないと打っていてもまったく面白くありません!
パチンコ台は演出も大事ですが玉の動きも大事だと思っています。

こちらの記事も併せてご覧ください。
パチプロわーさんの釘読みと立ち回りからわかるパチンコの勝ち方

もっとがんばって暴露しろ!と思われる方はぜひクリックお願いします
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました