パチンコ店長が分析したパチンコで勝つ客の特徴

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

パチンコ店にいると立ち回りが上手なお客さんのことがよくわかります。
パチプロやセミプロと呼ばれている人たちのことです。

見ていると感心するほど上手です!

昔は今のようなデーター表示機がないので、釘を見て判断し、他のお客さんの遊戯を後ろで観察して判断するなど、とにかく自分で納得するまでは打たない方々です。

結論から言います!
パチンコやスロットで勝つ人の特徴は打たないことです。

え?「打たない」って意味が分からない??
そんな方のために今回は「パチンコで勝つ方法」「勝つ客の特徴」から学ぶことにします。

スポンサーリンク

ボーダーラインは徹底的に守る

パチンコが上手な人を見ていて感心するのは、ボーダーラインと言われている1000円の投資でいくら回るのかをチェックして徹底して守る事です。

彼らはボーダーラインぎりぎりの台は打ちません。
ボーダーライン+2~3以上の台を探して打つことを本当に徹底しています。

お店としてはその対策として、逆にスタートを甘くして、その分ベース(通常時に100発打ち込んで戻る出玉)やTY(大当たり中の出玉)を調整して下げても不思議とバレます!

ハマっても淡々と打ち込む精神力

パチンコ機は機械なので、いくら釘調整が良くても運悪く大当たりが引けずにハマることは多々あります。
普通の客ならイライラして台パンしたり、舌打ちしたりするのですが・・・勝ち組は涼しそうに打ち込んでいます。

その先に勝利が約束されていることを知っているように黙々と打ち続けます。
そして気がつくといつのまにか勝っているというのが彼らの特徴です。

今日は運が悪いみたいでハマってるな?なんて思って安心して外出して、数時間後にお店に戻って彼らを見ると、しっかりとドル箱を積み上げてたなんてことはよくありました。

パチンコのハンドルさばきが上手すぎる

パチプロの打ち方を見たことありますか?
本当に上手いんです。

私も釘調整のときに試し打ちをして回転数などをチェックをするんですが、自分が打ったときよりも彼らが打つほうがなぜかよく回ります。

やはりプロは打ち方が違うのでしょう・・・
打ち方は玉の打ち出しの力加減、釘のはじかれ加減に大きな差が出ないように、いくぶん弱めの打ち出しが多かった気がします。
とんとんとんとパチンコ玉が吸い込まれるようにへそに流れていく感じです。

そしてなによりも無駄な打ち方はしません。
保留も点灯2個~3個でしっかり止めます。

無駄な投資を絶対にしない

パチンコが上手な方は無駄な投資をしません。
例えばボーダーギリギリの台に座って、思ったように回らないので「もう少しだけ打って確認」なんて未練がましい打ち込みはしません。
潔くすっぱりと止めます!きっと決めているラインがあるんでしょうね?

パチンコはこういった無駄のない積み重ねが大きな額つながります。

データーの読み方が上手い

パチンコ上手な人は昨日の大当り回数やハマりなどはそんなに気にしていません。
彼らがデーターを気にするときは、出玉データーから得られる釘の調整具合です。

例えば朝イチで6回程度の回転数で捨てられる台があれば「500円で6回しか回らなかった可能性」を疑います。
昨日の総回転数が多ければ「回ったからやめなかったの?」などの判断もします。

昨日出ていないから今日出るぜ!
なんて話は絶対にしません。

一店舗にこだわらない

パチンコ上手な人は一店舗にこだわりません。
ダメならすぐに他店へ移動します。
(こちらからすると「少しは愛着ないのか?」なんて思うほどです)

見切りをつけて移動するときも驚くほど業務的というかあっさりしています。

【パチプロの台チェックの流れ】
1.お店に来てチェックしている台を確認(2台程度)
2.ダメなら次の候補台の確認(3台程度)
3.それもダメなら軽く一周してすぐに退店

この一連の流れが本当に機械的なんです。
変な期待も持たず驚くほどあっさりしています。

数店舗ほど候補のお店を持っている

パチプロやパチンコが上手な人はお好みの台を持っているのと同じ感覚で、候補のお店を数店持っています。
私が他店へ視察に行くと、うちの店に来ていたパチプロが打つ姿をよく見かけました。

ただ不思議なことに他店で打っているときは、私の店で打つときよりそんなに出していないことが多かったです。
そんな台を打つならうちで打てよ!なんて思うことも多々ありました。

結論!勝てないと判断したら1発も打たないのがコツです

パチプロやパチンコが上手い人を見て感じる共通点は、勝てないと判断したときは一発も打たないし、一分も無駄ない店でうろうろした時間は作らないということです。

もちろん天井やハイエナ狙いは別です。

でもよく考えると私たちの仕事でも同じですね。
無理だと判断する能力と、無理な場合にすぐ次の対策を立てて行動する人が、仕事で有能であるとされます。
パチンコも結果的に同じことなんですね。

そんな勝つための理屈は知ってる私ですが、パチンコはいつも負け組です。
理由は簡単です!熱くなってルールを無視するからです。

熱くなったりだらだら打てば負けるようになってるのがパチンコです。

こちらの記事も併せてご覧ください。
元店長がパチンコ店の遠隔操作の実態について暴露!

タイトルとURLをコピーしました