パチンコ店の店長がプライベートでパチンコを打つとどうなるか?

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

パチンコ店の店長をしていると「パチンコ上手でしょ?」「出る台とか勝てる台とかわかるんじゃないの?」なんて言われますが・・・出る台なんて分かるわけがない!!

実はほとんどのパチンコ店の店長はパチンコやスロットが下手です。
下手というよりは負け組が多いと思います。
理由としては勝ち負けより調整や視察を兼ねているということもあるのですが・・・

店長は釘調整もスロットの設定もできるのになぜ勝てないのか?
今回はパチンコ店の店長がプライベートでパチンコを打つとどうなるか?についてブログでまとめました。

スポンサーリンク

パチンコ店の従業員はパチンコ好きが多い

パチンコ店のスタッフさんはパチンコやパチスロ好きが多いです。
仕事を始めた頃はパチンコに興味がないとしても、仕事柄どうしてもパチンコにハマっていきます。

パチンコなんてST機もあるし、確変のシステムも複雑ですし、スロットの演出などにハマるお客さんの心境を知りたい!
客目線でパチンコのことを知りたいなどと、パチンコに興味がなくてもパチンコを始める理由は色々あります。

そしてミイラ取りがミイラになります(笑)

店長じゃなくて一般の店員の場合は、いつも仕事中にお店で熱い演出とか見てるわけじゃないですか?
お店ではいつもリアルYouTubeですよ!

そりゃあ仕事がない日はパチンコやスロットを打ちたくなります。
事務所やスタッフの休憩室で「昨日3万円勝ったぞ!」「2万円も負けた」なんてスタッフ同士の会話はあたりまえにあります。

店長は他店の釘調整や台の演出などを見るためにパチンコを打つ

店長が他店で打つ理由は、回転数や調整方法をチェックするためです。
良く回る台を打つというよりも、どんな調整をしているのかを参考にするために打つので当然負けます。

見た感じで
うわ!むちゃくちゃ閉めてるな!

って思いますが、じゃあ実際にこの調整ではどの程度の体感なのか?
どんな演出になるのか?それを客目線で知りたいので打ちます。
そして負けます!

もちろん経費なんて出ません!
自分のお金です・・・

スロットの設定なんて回しても分からない

パチンコなら釘を見ればなんとなく回るかどうかは分かりますが、スロットなんて回しても設定なんて分かりません!

パチンコは回るのはわかるけど出るか出ないかなんてわかりません。
スロットなんてそもそも設定判別方法などの詳しいことも知りません。

スロットの場合は誰でも分かるような、よっぽどの確定演出でも出ればいいのですが

偶数示唆の演出が出たら「それは設定2」
設定3以上の演出が出たら「それは設定3」

その程度は推察できています。
そんな理由もあり普通に打つにはプロの方がはるかに上手です。

スロットの場合は設定の予想もできないし、中にはゲーム性もよくわからずに打つ店長もいるので、もちろん負けます。

パチンコ店の店長は客としては負け組

普段からパチンコ台やスロット機と触れ合い接している店長は、パチンコやスロットの台の性能などは熟知しています。
この台は甘い台なんだよな!程度は分かるのですが、出る台なんてわかりません!

そもそも普段から仕事で接しているので、勝てる台ではなく好きな台を打つので、もちろんそのお店からするとカモです。

きっと視察に来た店長をモニターで見ながら、そのお店の店長は思っているはずです。

おっ!A店の店長が来てるぞ!
どんどん突っ込め!大当たり引くなよ!

機種については詳しいけど、その店でどんな調整をしているのかはわからいので、店長はプロやセミプロよりパチンコは下手です。

こちらの記事も併せてご覧ください。
実はパラダイス!パチンコ店の充実した福利厚生を教えます

タイトルとURLをコピーしました