元店長がパチンコでの回転ムラの謎を教えます

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

パチンコを打っていてイライラすることの一つが回転ムラです。
皆さんご存知だと思いますがパチンコを打つときに大事なのは1000円での回転数です。

むちゃくちゃ極端な例で話しをますね。
あなたが甘デジを打つとします。

1000円で5回回る台と1000円で100回回る台があれば
どちらを打ちます?

もちろん1000円で100回回る台があれば、99分の1の確率の甘デジならほぼ確実に勝てますよね?

もちろんそんなに回る台なんてありませんが、パチンコって結局は長い目で見れば
回る台を打っていれば確実に勝利に繋がるってことです。

こちらの記事でも詳しく書いています。
ぜひ参考にしてください。
業界の裏!パチンコ店の釘調整の仕方を暴露します

スポンサーリンク

パチンカーを悩ませる回転ムラとは?

さて本題に戻ります。
勝つためには少しでも多く回すのが理想なので、パチンコを打つときに1000円でどの程度回るかチェックする方も多いと思いますが、打ち始めの最初は良くてもだんだん回らなくなったりしませんか?

おいおい!裏でなんかしてるんじゃないの?
って思うかもしれませんがそれは違います。

1000円で20回回っていたのに、次は1000円で15回、酷い時は9回。
そんな感じでスタート回数が極端に安定しないことを回転ムラと言います。

良い台だな!って思ってもこの回転ムラで結果的にボーダー以下の台になったりします。
これって結構イラっとするんです。

回転ムラが起きる原因とは?

不思議な事ですが、同じ人がハンドルを固定して同じように打っているのに、頻繁に回転ムラが起きるのはなぜでしょうか?

これには色んな理由があります。

・ハンドルの不調
・ハンドル内のバネなどの不調、ゴミ詰まり
・電圧の影響
・傾斜の影響
・釘調整の影響

昔ならハンドルの中にゴミがあって打ち出しが安定しないってこともありました。
でも最近はハンドルの性能もいいし、なによりも多少の打ち出しの違いがあってもあまり影響はありません。(羽モノは影響あります)

電圧の影響もよく言われていますが関係ありません。

やはり回転ムラの一番大きな理由は、風車上の寄せ釘で極端に玉が左に行くように散らしたり、ワープ釘を閉めたりすることで、スタートチャッカ―方向に玉が寄らないことが原因と思われています。

例えば10発のうち9発がスタートチャッカ―の近くに行けばそこまで回転ムラは起きません。
でも寄せ釘で散らしている場合は、10発のうち3発程度しかスタートチャッカ―に行かなかったり、逆に7発ほどスタート方面に向かったりするで結果的に大きくムラが出ます。

新台で回転ムラが起きる原因は、風車周りのマイナス調整やワープ釘のマイナス調整が原因になります。

寄せ釘で散らしたりする…そんなお店は悪質なんで大嫌いです。
でも関係者からは台の性能が甘いから仕方がないとか言われそうですね。

いやマジで回転ムラ大嫌いです!

こちらの記事もぜひどうぞ!
遠隔スイッチ?パチンコ店の店員はインカムで何を話している?

タイトルとURLをコピーしました