すぐに游タイム機を入れるより慶次の漆黒や旧牙狼を有効利用すべき

スポンサーリンク
パチンコ店の裏情報

バカ店長が、頭を使わずにとにかく新しいパチンコ台を入れたがるのもパチンコ店衰退の要因の一つですが、そんなことをするのなら、なぜ古い機種でも人気機種を有効利用しないのか?

例えば無双でも、ちょっと甘めに調整すれば稼働は抜群に良くなります。
(検定期間の問題がありますが)
慶次の漆黒なんか、ボーダーぎりぎりの調整をすれば客はどんどん打ってきます。

良い台はちゃんと使えば客がつくんです。
同じ甘い台を使うのなら、游タイム機ではなく、昔の甘めの台を有効利用した方が良いのにそれがきないのは店長に実力がないからです。

とりあえず新台入れておけ!
稼働が悪いのは台のせいだ!

游タイム機で勝負してもそこまで意味ないと思うんですよね?
どうせすぐに客飛ばすでしょ?

だったら潜在能力のあるパチンコ機を大事に使うことを考えるのはどうでしょうか?

無双も烈火も漆黒も面白いし出玉も期待できるので、そこそこ回れば打ってくると思うんです。
それでも打たないのはお店に信用がないせいであって、パチンコ機のせいじゃありません。

信用がないからきっと游タイム機を入れてもすぐに通路になるでしょう?
どうせ人気のシンフォギアも客が飛ぶでしょう?

そんな店は、どうせ海物語も客がつかないと思うし、ジャグラーも打ってくれません。

ダメな店は、経営スタンスや、パチンコ機やスロット機だけに問題があるのではなく、なによりも店長に問題があるってことです。
パチンコ店でスタッフから嫌われる店長の四つの特徴

タイトルとURLをコピーしました